会社情報

新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。
旧年中は格別のご愛顧、ご高配を賜り、まことにありがとうございました。
2022年の地層科学研究所は1月5日より始動します。おかげさまで社員一同、健康に、元気に新年を迎えることができました。本年も変わらぬご指導、ご鞭撻をお願い申し上げます。

新しい年となりましたが未だに新型コロナウイルス感染症の悩みは尽きていません。昨年、ウイルスとの闘いは道半ばと記しましたが、人類とウイルスの闘いは今年も続きそうです。当社でも引き続き感染の予防、拡大の是正に努めてまいります。

さて、改めて昨年を振り返ると、コロナ禍で始動した新しい働き方が定着してきた1年だったと感じています。 それらはコロナ禍以降の我々の働き方そのものに大きな変化を及ぼすと思われます。会議や打合せにWebツールを用いることで遠方との対話も気軽にできるようになりました。状況や条件次第になるでしょうが、感染症が落ち着いても新たな変化は継続されていくのではないでしょうか。 当社でも試行錯誤しながら、人と職場を大切にした新しい働き方を考えてまいります。

昨年は、新しい試みとして、AI技術やクラウド事業、ソフトウェア開発などに力を注いだ一年でした。
AI技術については、少しずつではありますが、成果を上げることができてきました。今後も引き続き、注力してまいりますので、地層科学研究所のAI技術にご注目ください。また、今年はさらにそれらの新しい試みの融合にも挑戦したいと考えています。

今年は創業25年周年を迎えます。社員の高齢化は当社でも大変深刻な問題となっていますが、ここ数年間に入社した20代の社員たちがめきめきと力を付けてきており、心強いと感じる場面が増えてきました。 じっくりと問題と向き合い納得したうえで成果を出す者、要点を的確にとらえて効率良く短期間で成果を出せる者など、少なくとも私や私と同年代の社員と比べても大変しっかりしており、頼もしい仲間が増えたことをうれしく思います。 業務など様々な場面で当社の若手社員がご一緒させていただく機会も増えてくると思いますので、よろしくお願いいたします。

地層科学研究所はこれまで通り、使い勝手の良い専門技術者集団であることを念頭に置き、
日々研鑽を続けてまいります。皆さまには、本年も変わらぬご愛顧をどうぞよろしくお願いいたします。

2022年が、皆さま、そして皆さまのご家族にとり、健康で実りの多い素晴らしい一年となりますことを
心より祈念いたします。


とらモデル

令和4(2022)年1月吉日   
代表取締役 横山 裕之